株式投資は投資元本を割り込むリスク?特定口座開設

株式投資に取り組む上でもっとも重要なことは投資につくリスクについて十分い理解しておくことです。
投資につくリスクとは、投資元本を割り込んで損失が発生することがあるということです。
この世の中に確実にもうかるということがない以上、投資もビジネスも同様で、リスクがある分リターンも期待できるということになるでしょう。
しかしながら、初心者投資家は、損失を嫌い、必ず儲かるというニュアンスで投資に挑む人が多く、市場へ参加することへの知識が乏しい人が多いでしょう。
投資元本とは、株式投資の場合、購入時に掛かる費用であり、購入時点株価×購入単元数(現在値500円で最低購買株数100株であれば、50000円と購入にかかる手数料が投資元本となります。
50000円を投資して、株価が400円に下落すれば、10000円の損失となり、売れば実損、売らなければ含み損となります。
逆に、価格が上がれば、利益確定で実益、売らなくとも含み益で、株式価値として上昇します。
ただ、投資元本を割り込むというリスクは、必ずしも悪いことばかりではありません。
元本割れしていても、売らずに所有しているのであれば、含み損として損失にはならず、企業が利益を出せば、配当収入が得られます。
万が一、実損が出ても他で利益が出れば相殺される(特定口座の場合)ことがあり、他の収入があるのであれば、確定申告で控除が受かられます。
証券会社で特定口座として口座開設を行なえば、自動的に証券会社により計算されて申告が行なわれます。
長期で見れば元本に関わらず利益が出ることがあるため、自分に合った投資方法を考え、リスクについて十分な理解必要でしょう。
投資においてリスクはチャンスの前兆とも言われています。